SSブログ

BL小説「ALASKA」(キム・フィールディング) [感想・小説(BL)]


ALASKA (モノクローム・ロマンス文庫)

ALASKA (モノクローム・ロマンス文庫)

  • 出版社/メーカー: 新書館
  • 発売日: 2021/04/22
  • メディア: Kindle版

著:キム・フィールディング 訳:冬斗亜紀 イラスト:藤たまき

-----------------------------
「いつかお前を助けてやる。一緒にアラスカに逃げよう――」幼いマルコとスコットが肩を寄せ合って交わしたクリスマスの約束。だがその後二人は離れ離れに。やがて成長したマルコとスコットは、思いがけない形で再会する――。
-----------------------------

お気に入りのモノクローム・ロマンス文庫の短編です。
初読み作家さんかなぁ。

マルコもスコットも決して裕福な家庭環境でなく、それでも幼い頃の二人は夢を持ってる。
このまま苦労を背負いながらも、共に時を過ごしていくのかと思いきや、物語は3年後、5年後・・・と、話は飛んでいく。
クリスマスイブに再会する。ただその瞬間だけ。

モノクローム・ロマンス文庫って翻訳ものだし、結構シビアな展開の物語もあるので、このまま微妙なすれ違いで終わってしまうのかと覚悟して読み進めていましたが、最後はハッピーエンド。

決して甘々な世界観でもなかったけれど、ラストは爽やかな空気を感じるとてもスッキリと後味良い物語でした。
マルコとスコット、今度こそ二人一緒に支えあい、そして幼い頃の夢を叶えていくんだろうなぁ。

nice!(18)  コメント(2) 

nice! 18

コメント 2

まゆり

まるこさん、こんにちは^^
先日の新書館の半額セールで
モノクローム・ロマンス文庫に初挑戦してみようかと思ったのですが
最近出費が過ぎるので、結局手を出さずに終わりました。
こちらは短編だからかずいぶんお安いんですね。
ハッピーエンドとのことですし、いずれ挑戦してみたいと思います。

その新書館のセールで
月村奎さんの秋霖高校第二寮シリーズを買いました!
さっそく読み始めているのですが、とても楽しんでいます。
先日の「ボナペティ!」の感想記事での
まるこさんからのコメントがなければ
まだ買うのは先にしていたと思うので…ありがとうございます!
(いつも長々とコメントしてごめんなさい)
by まゆり (2021-06-16 11:04) 

まるこ

まゆりさま

コメントありがとうございます。
モノクロームロマンス文庫の作品、ほぼ読んでます。
ここ最近、追いつけてないのですが。

私は新書館セールで「ロイヤル・シークレット」の続編を買いました。
とても面白いので、機会があればぜひぜひ^^

「秋霖高校第二寮シリーズ」ホント好き!
俺様キャラってあまり萌えないのだけれど、波多野さんはホント好き。
私も読み直したくなったよー^^
by まるこ (2021-06-16 21:30) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。